2007年に思うこと
いつの頃からか、私の中に古い箱がありました
昔のオルゴールのついた宝石箱のようで
華やかな飾りも何もない
ただ古い木の箱…

箱には鍵がかかっていて
私はこの箱の中に何が入っているか
知っていました。

私の求め続けたことの答え…
けれど、開けられない…
鍵がない…

ふと気付くと
箱に金色の細い鍵がささっていました
開けようと思いながら、ためらう私

箱の中からは
「開けて…ここから出して…」という
声が聞こえます

そして
蓋を開けました

一瞬、真っ暗に見えた箱の底から
真っ白な光が溢れ出しました
暖かく、優しく、繊細で沁みわたるような

私は何者なのか…ずっと知りたかった…
これがその答え…

そう、私は光…
人はみな光の存在…

今までの辛かったこと、苦しかったことも
私の光を輝かせるためのギフトだったと
祝福だったと
愛だったと

そう気付いた今
もっと強く、もっと優しく、もっと大きく輝きたいと思います

c0024830_155192.jpg

[PR]
by Sarasvati. | 2007-01-03 01:57 | ちょこっとスピリチュアル
<< 初出勤 あら…? >>